学生のキャッシングについて

キャッシング

大学生は非常にお金が必要な立場です。授業に必要な教材や交際費、一人暮らしをしている場合には生活費など、高校生や中学生に比べてお金がかかるのが大学生なのです。大学生活はイレギュラーな出費が数多く発生することでも有名ですが、親や友人にお金を借りるよりも自分でお金を借りたいものですよね。

 

そういった場合には学生でもアルバイトをきちんとしていればキャッシングの審査に通ることが可能です。現代ではパソコンやスマホを使って簡単に申し込みを行うことができますし、返済計画を考えるのも大事な学生生活の勉強ではないでしょうか。キャッシングのご利用をお考えであれば、まずは公式サイトの仮審査に申し込みをしてみましょう。

 

キャッシングを利用する際の注意点

緊急にお金が必要になった場合は、キャッシングを利用するのも良いでしょう。各会社はほぼ20歳からキャッシングができますので、原則として「20歳以上の安定収入がある方」というようになっています。もし50万円以下のキャッシングをしたいということであれば、多くの会社では所得証明は不要となります。しかし、しっかりとした返済計画を立ててからのご利用をおすすめします。

キャッシング 実質年率 限度額 学生 おすすめ度 詳細
アコム 4.7%〜18.0% 500万円 あり あり 詳細へ
プロミス 4.5%〜17.8% 1〜500万円 あり あり 詳細へ
モビット 新規申込プロモーション 4.8%〜18.0% 500万円 あり あり 詳細へ
レイク 4.5%〜18.0% 500万円 あり あり 詳細へ

 

※「プロミス」即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

学生キャッシングの申込条件

キャッシング

学生でキャッシングの審査が通る条件としては、まず20歳以上であることが絶対条件です。さらに定期的に収入があること。これが前提になりますので、学生でも無職者の場合はお金を借りるのは非常に難しいです。総量規制により、年収の3分の1まで貸し出せるとしても、年収がゼロの無職者の場合は貸し出せる額もゼロになってしまいますから、結果的に貸せないということになってしまうのです。

 

そして20歳未満の未成年がキャッシングを行うとする場合は両親の同意を得ないと一人でお金の借入などは行うことはできないようになっています。未成年者は無能力者として扱ってもらえないという裏返しでもあるので、学費が足りなくてキャッシングでまかないたいということであれば、奨学金制度を利用してみるのもひとつの手です。奨学金は無利子で貸し付けてくれるものもありますし、毎月定額が口座に振り込まれますので、奨学金制度を利用できればかなり得になることは間違いありません。